たつみ内科クリニック

たつみ内科クリニック

アクセス 電話アイコン電話する

ブログ

Blog

インフルエンザワクチンについて

おはようございます。ラグビワールドカップで、日本が念願の決勝ラウンドに行くことができました、おめでとうございます。私もついついお酒を飲みすぎまして、翌日二日酔いでした。 インフルエンザワクチンは、13歳以上では1回接種ですが、13歳未満では2~4週間隔で2回接種します。流行期をまえにして早期に有効な免疫を与えるために、生後6ヶ月以上13歳未満の小児については2週間隔で接種できるようになっていますが...

ワクチン同時接種について

おはようございます。本日は最大級の台風19号がくる日です。皆様に被害が少なく済むように、神に祈るばかりです。またラグビー日本代表の試合が明日にあります。開催されるならスコットランドに勝って決勝ラウンドに是非とも行ってもらいたいですね。本日のテーマは(同時接種)とは、1度の受診で複数のワクチンを異なる部位に接種することであり、医師が特に必要と認めた場合に行うことができるとされている。当クリニックのよ...

国産A型肝炎ワクチン接種不完全接種について

こんにちは。現在ワールドカップラグビー大会が開かれております。、私は無類のラグビー好きなため、ブログも2週間あまりご無沙汰でテレビ観戦及び現場ではイングランドとアメリカ戦の観戦に興じておりました。今日のテーマはA型肝炎ワクチンを1回接種された後放置されている場合についてどうするか?というと、原則5年以上経過している場合は再度基礎免疫を、5年未満は1回接種+抗体検査⇒抗体陽性なら2回目、抗体陰性なら...

GLUT4(グルットフォー)と運動療法

おはようございます。今週末はまた台風がやってくるようです。毎年温暖化により台風が強力になり、人間にとっては恐怖な存在になりつつあります。皆様に災害をもたらさないよう祈るばかりです。 GLUT4の解説ですが、まず食事から得られたブドウ糖が血液中に放出されて血糖値が上がると、膵臓からインスリン分泌されます。インスリンは血糖を骨格筋や脂肪組織に送り込むための仲介役として骨格筋や脂肪細胞の表面に行き、(ノ...

大腸憩室炎とは

こんにちは。今日は朝は涼しかったので、少し気持ちは良かったです。ただ今は診察室にいるのでお昼の天候はわかりませんが、今後徐々に涼しくなって欲しいですね。 昨日整形外科から紹介された患者さんが右季肋部痛、発熱、腹部の圧痛あり、上記診断を疑い病院へ紹介しました。腸の一部の脆弱した部位に風船状の袋ができ、そこに炎症または感染が起きた状態です。ひどいときは穿孔をおこして腹膜炎などをおこすこともあります。腹...

cough variant asthma (咳喘息)

こんにちは。7月以来、久しぶりに9月16日摩耶山に登山に行ってきましたが、大変暑く熱中症気味になり頭痛出現しました。まだまだスポーツするにも暑すぎます。皆さんも気をつけて くださいね。本日は久々に呼吸器疾患について話したいと思います。病院時代気管支喘息患者さんを多数診察してきましたが、咳嗽のみで、喘鳴や呼吸困難のない喘息として日本語で咳喘息 英語でcough  variant asthmaという概...

インフルエンザワクチンについて

こんにちは。9月中旬になりましたが、まだまだ暑い日々で熱中症に気をつけてください。早く涼しい気候になるように、最近は神に祈っております。 当クリニックのインフルエンザワクチンの一般の方の値段2800円でさせて頂くことになりました。もちろん公費のインフルエンザワクチンもおこなって おります。家族みんなで来ていただければ、より一層負担も軽減すると思いますのでお待ちしております。 ...

黄熱ワクチンとは

黄熱は、黄熱ウイルス感染による急性出血熱感染症である。(黄)は黄疸を、(熱)は発熱を示し、名の通り高熱、脳炎、肝炎をきたす。 死亡率が非常に高く、初感染では30~50%が死亡します。WHOの推計では年間20万人が感染し、3万人が死亡しています。 特異的な治療法はなく、ワクチンで予防する。流行リスクを防ぐため、国によって入国者に接種が義務付けられている。 日本では検疫所関連機関でしか扱えないので、該...

破傷風トキソイドについて

我が国では1952年に破傷風トキソイドが導入され、1968年にジフテリア・百日咳・破傷風混合(DPT)ワクチンの小児への定期接種が可能になった。 合計5回の接種が、定期接種として予防接種法に定められている。本来ならば、その後も約10年ごとに破傷風トキソイドの追加接種が望まれるが、追加接種は積極的に行われていません。 又1968年以前に出生した者は通常、基礎免疫に必要な回数の接種歴がないものがほとん...

狂犬病ワクチン接種(曝露後免疫)

こんにちは。まだ暑い日が続きますが、いかが過ごされてますでしょうか?くれぐれも熱中症には気をつけてください。本日は海外渡航まえに、ワクチンを注射せず行ったか、して行ったかで、 接種回数などが変わることを話したいと思います。まず注射せず行って咬傷された場合は、WHOの推奨スケジュール(輸入ワクチン)では0,3,7,14,30日に筋肉内注射する。我が国のワクチンでは0,3,7,14,30,90日に皮下...
1 2 3